HOME

 岩手県弦楽研究会は、岩手県における弦楽器の指導・振興を目的として、県内の弦楽器指導者が集い、故安藤澄子氏を初代会長として1968年に設立されました。これまでに、弦楽器指導法の研究、公開レッスン、演奏会の招聘等を行ってきました。春には盛岡市芸術祭として「スプリングハーモニー」、秋には岩手県芸術祭として「ソロと室内楽の調べ」の演奏会をそれぞれ主催し、岩手県民にジュニアオーケストラや弦楽合奏の演奏や文化を届け続けています。

 近年では、県内でヴァイオリン教室のない地域に出張レッスンを行うなど、様々な地域・環境の子ども達に弦楽器の楽しさを伝えています。さらに、岩手県文化振興事業団、盛岡市文化振興事業団、岩手県芸術文化協会などの諸組織と連携のもと、弦楽器による音楽活動を主体とした岩手県の文化振興につながる活動をこれからも充実させていきます。

  • 新着情報
    • 2024年1月 7日 活動レポートに第76回岩手芸術祭弦楽部門「ソロと室内楽の調べ」の記事を掲載しました。
    • 2024年1月4日 演奏会のお知らせに「山口奏&String Ensemble Iwate特別コンサート」他の情報を掲載しました。
    • 2023年9月27日 活動レポートに第52回盛岡芸術祭 弦楽部門「SPRINGHARMONY2023」の記事を掲載しました。
    • 2023年1月 6日 活動レポートに第75回岩手芸術祭弦楽部門「ソロと室内楽の調べ」の記事を掲載しました。
    • 2023年1月 1日 岩手県弦楽研究会ホームページをリニューアルしました。